【レビュー】明るい部屋でも大画面で4K映像を楽しめるプロジェクター「X10-4K」が想像以上にすごかった!!



左側のカバーを外すと、深めの穴が空いているのでそこにUSBのWi-Fiユニットを差し込めばWi-Fi接続の準備は完了です。


リモコンはダイヤル付き



リモコンはダイヤルユニットが付いています。

このユニット、十字キーのように上下左右に押し込んで使うこともできるし、ダイヤルを回してスクロールすることもできます。



意外と便利なのが、リモコンにバックライト機能が付いているので、暗い部屋で映画などを見ている時にも操作しやすかったです。



こういう気遣いはとても嬉しいですね。


設定

「X10-4K」の設定と言っても、自動でピントを合わせてくれるので、基本的に電源をつけてWi-Fi設定をすればほぼ完了です。



このピントの自動調整はすごいです。



電源を入れて「X10-4K」が立ち上がると自動で距離を測って5秒ぐらいでバッチリ!!



今まではpopin Aladdinを使っていたので、手動でピンと調整をする必要があったのですが、精度の良さと手軽さに驚いてしまいました。



次にWi-Fiの設定をしていきましょう。

まずは「X10-4K」の設定画面を開きます。





そこで、自宅のWi-Fiを選択してパスワードを入力したら完了!!



簡単でした。



それ以外の設定は、

スクリーンの後ろから投影するときのリア投影や、天吊投影の切り替えや、



音質の調整が自分好みにできるイコライザーモード



オフタイマーや省エネモードの設定。



プロジェクターの前を通るときにプロジェクターの投影を止めてくれるアイプロテクションの設定などができます。



プロジェクターの光はだいぶ強いので直接見ると危険ですが、この機能を使うと子供がいる家庭でも安全に使うことができると思います。


YouTubeやAbemaTVもアプリインストール可能



「X10-4K」はアプリセンターがあるのでAbemaやYouTubeなどのアプリをダウンロードすることで単体で様々な映像を見ることができます。



おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA