【レビュー】明るい部屋でも大画面で4K映像を楽しめるプロジェクター「X10-4K」が想像以上にすごかった!!

今回はView Sonicからのレビュー依頼第4弾です!!



東京オリンピックも今年開催されるし、大画面できれいな映像が見たいけど、大きな4KのTVは高いし場所もとるしなぁ〜〜なんて思っているそこのあなたっ!!



4Kプロジェクター最高ですよ!!



しかも、View Sonicの4Kプロジェクターは外観もこんなにオシャレなんです!!



今回はView Sonicの4Kプロジェクター「X10-4K」を紹介します!!

スポンサーリンク

「View Sonic」とは?

まず、View Sonicの説明をしておきます。

日本では、View Sonicという名前はあまり聞き慣れないかもしれませんが、View Sonicは、1987年にアメリカのカルフォルニアで設立され30年以上の歴史がある企業です。

また、100カ国以上で製品を販売しているビジュアルディスプレイメーカーです。

View Sonicは、「See the Difference」をブランドスローガンとしていて、ユーザーの期待を裏切るような素敵な体験をすることができる製品を作ることを目的にしています。

また、View Sonicは世界で3000を超える賞の受賞歴があり、アメリカで有名なPC関連雑誌の「PC Magazine」が開催するPCMag Readers’ Choice Award 2016で、製品の満足度、画質、使いやすさ、信頼性、推奨度などのユーザー総合評価で液晶ディスプレイブランドNo.1を受賞しています。

アメリカや海外ではとても信頼を得ている企業だということがわかりますね。


「X10-4K」

「X10-4K」はとってもオシャレなオールインワン4Kプロジェクターです。


外観

まずは、外観から見てみましょう。

上から見てみるとこんな感じです。

天板に会社の名前でもあるViewSonicのロゴとダイヤル式のボタンが付いています。



これで電源のON・OFFや音量などの調整ができます。



あと「X10-4K」を見て最初に驚いたのがハンドルです。



ハンドルを出していると無機質なイメージなんですが、持ち運んだあとにハンドルを上に向けると・・・



どうです、このおしゃれ感!!

実は、このハンドルにはレザーが張ってあるんです。

レザーが張ってあるからさわり心地もいいし、ハンドルの色が入るとメタル感が強いプロジェクターが一気にエレガントな印象になります。



前面はレンズとセンサーなどが付いています。







サイドには、スピーカーと排熱用のファンが設置されています。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA