4K・HDRに対応したView Sonicの31.5インチ高性能ワイドモニター「VX3211-4K-MHD-7」がゲームに映画と大活躍なのにその値段に驚愕でおすすめ必至



私は普段ヘッドホンを使わないのですが、ヘッドフォンを使っている方にうれしい機能が、ヘッドホンスタンドがついています。



ここにヘッドホンを付ければ、ヘッドホンを探したり収納に困ることもなさそうです。

スポンサーリンク

4K Ultra HDHDRの共存で別次元の映像体験へ」

解像度は4K3840×2160)で、フルHD1920×1080)の4倍の解像度になっています。

そのため細かい描写が鮮明に映し出され、質感のある映像が楽しめます。






また、解像度が高いため作業領域が増え、1度にいくつかのウィンドウを開いて作業しても見づらさなどがないため、デスクワークの効率化も図れます。

さらに、HDR10にも対応しています。

HDRとはHigh Dynamic Rangeの略で、従来のSDRよりも広い明るさの幅を表現できます。

つまり、より現実の景色に近い陰影を映し出せるようになった、ということです。

これらが合わさることで、目を見張るほどリアルで迫力のある映像を再現できるというわけです。

私も実際に4K対応の動画を見てみたのですが、映像の美しさに度胆を抜かれました。


「広色域で鮮やかな表現」

VX3211-4K-MHD-7」はNTSCカバー率86%、NTSC95%に対応しています。「広色域で鮮やかな表現」




「え?どういうこと?」と思われた方も少なくないと思います。

NTSC」は色域の規格の一つで、パーセンテージが高ければ高いほどより広い色域を再現できるということになります。

つまり、「VX3211-4K-MHD-7」は鮮やかな色彩表現が可能というわけです。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA