【レビュー】本来の色合いを表現するView Sonicのディスプレイ・モニター「VP2468」

スポンサーリンク

今回は、ディスプレイを販売しているアメリカのディスプレイメーカー「View Sonic」から、ディスプレイモニターのレビュー依頼があったので、View SonicのフルHDディスプレイ「VP2468」を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

「View Sonic」とは?

日本では、View Sonicという名前はあまり聞き慣れないかもしれませんが、View Sonicは、1987年にアメリカのカルフォルニアで設立され30年以上の歴史がある企業です。

また、100カ国以上で製品を販売しているビジュアルディスプレイメーカーです。



View Sonicは、「See the Difference」をブランドスローガンとしていて、ユーザーの期待を裏切るような素敵な体験をすることができる製品を作ることを目的にしています。



また、View Sonicは世界で3000を超える賞の受賞歴があり、アメリカで有名なPC関連雑誌の「PC Magazine」が開催するPCMag Readers’ Choice Award 2016で、製品の満足度、画質、使いやすさ、信頼性、推奨度などのユーザー総合評価で液晶ディスプレイブランドNo.1を受賞しています。



アメリカや海外ではとても信頼を得ている企業だということがわかりますね。

View Sonicのカラーマネジメントディスプレイ「VP2468」

では、早速View Sonicのカラーマネジメントの「VP2468」を紹介したいと思います。





「VP4268」は23.8型のフルHDディスプレイです。



View Sonicの製品の中でも上位モデルになっていて、カラーマネジメントやハードウェアキャリブレーションに対応しています。



価格は3万円前後程度とのことで、このクラスのディスプレイではとても安価で購入することが出来ます。


ハードウェアキャリブレーションに対応

このハードウェアキャリブレーション機能は、カラーマネージメントメーカー「X-Rite」と共同開発をしており、X-Rite製のキャリブレーションツール「i1 Display Pro」や「i1 Pro 2」シリーズにも対応しています。

それなのにもかかわらず他のモニターに比べると安価な価格設定になっているので、プロから一般の用途まで幅広く対応できる製品になっています。


23.8型フルHDの実力

液晶は1,920×1,080ドット表示対応の23.8型。

駆動方式はIPSです。



また、視野角が178度もあるため横から液晶を覗いても、色の違いはほとんど感じられませんでした。



液晶表面はアンチグレア処理がされているため、照明の映り込みも少なかったです。



しかも、sRGBカバー率は99%、色差(ΔE)は2未満となっていて、正確な色を表示することが出来ます。



なので、カメラマンやデザイナーでも問題なく使用することが出来ると思います。



また、モードを変えることにより、EBUやSMPTE-C、REV709、DICOM SIMなどに切り替えることも出来ます。



バックライトはLEDで輝度ムラも少なかったです。



液晶の応答速度は標準で14ms、オーバードライブ時は5msになります。



ゲーミングディスプレイと比べると応答速度は遅いですが、性能を確かめるために車のレース動画を見たときには残像などは気になりませんでした。


入力端子も充実



映像入力端子は、DisplayPort 1.2×1、Mini DisplayPort 1.2×1、HDMI 1.4×2の系4つ、ヘッドフォン出力端子、USB3.0ハブが4つも付いていてデバイスの充電も行うことが出来ます。


スタイリッシュなスタンド



シルバーとブラックでスタイリッシュな印象を受ける高性能スタンド。





高さは130mmでチルト角度は下に5度、上に21度で調整することが出来ます。

左右には60度回すことが出来ます。





また、ピポットにも対応しているため液晶の向きを縦にも簡単に変えることが出来ます。

更に向きの自動検知機能も備えているので液晶を回転させると自動で表示を切り替えてくれます。


ベゼル幅5.8mmのフレームレスな液晶

VP2468は液晶の縁が5.8mmと細く設計されているため数台のモニターを並べて設置してもシームレスな視覚体験をすることが出来ます。

また、専用ソフトにより複数液晶の設定も簡単です。


使用レビュー



まず、実際に使ってみて驚いたのがオシャレな外観です。

スタンドも高級感のあるデザインで、高さや向きの調整も簡単にできました。

また、ベゼルが細く設計されているため他の液晶と違い、画面が宙に浮いている感覚で作業にとても集中できます。



次に驚いたのは表示の綺麗さです。

今までの作業環境はRetinaディスプレイのMacBookProに使わなくなった液晶テレビを接続し、マルチディスプレイにしていましたが、液晶テレビでは色が明るく表現されてしまい色が抜けたように見えることもありましたが、VP2468ではMacBookの液晶とあまり変わらず色表現が出来ていてとてもきれいでした。





最後に、VP2468で個人的に一番良かった点はピポット機能です。

(※サブ機のWindowsでのレビュー)

ブログを書いていると、記事のリサーチをしたり、クライアントとメールのやり取りをすることが多いです。

その中で本文の長いメールや商品サイトをリサーチすることなどがあるのですが、画面を縦にすると自動検知で勝手に縦に表示してくれます。

今までは縦のモニターを使用したことがなかったのでわからなかったのですが、画面が縦になると視認できる情報量が全然違います。

結果スクロールの手間も省け作業効率が断然に上がりました。



また、ブログで使用する写真を編集するときも、画面を縦にすると縦で撮影した写真を画面全体で確認しながら編集することが出来ます。



しかし、Macユーザーにはデメリットもあります。

View SonicのソフトはWindowsに対応していますが、Macには対応していないようです。

なので、自動ピポット機能が使えませんでした。

また、Macの環境設定で向きを変えたりすると、信号なしとなってしまいVP2468に表示をすることが出来ないことが何度かありました。



しかし、価格帯でこのパフォーマンスの液晶ディスプレイはとてもコスパが良いと思います。



今回は、View Sonicのディスプレイ・モニター「VP2468」を紹介しました。



View Sonicの公式商品ページ↓↓

View Sonic


View Sonicのゲーミングモニタープレゼント企画

ガジェットファンではView Sonicのゲーミングモニターのプレゼント企画を7月24日まで行っています。

詳しいことは下のリンクをクリックして確認してください。

【レビュー】View Sonicの1ms対応の27インチフルHDゲーミングモンターVX2757−MHDプレゼント企画あり!

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA