新Surface Pro日本市場にも6月15日参戦。名前から番号が取れる



先日、中国で行なわれたイベントでマイクロソフトが新型Surface Proの市場投入を発表しました。その際名前からは番号が取れ、Surface Pro 5ではなく単に「new Surface Pro」というネーミングになりました。



また、その発表から日を開けることなく日本市場にも投入されることが決まっています。6月15日発売開始で、既に予約が開始されていると思います。



今回はこのSurfaceシリーズのメインストリーム機、新Surface Proをご紹介します。


スポンサーリンク

スペック

新Surface ProもCPUは第7世代のCoreプロセッサに代替わりしています。



下位機種はタブレット向けで低消費電力・低発熱のCore m3を搭載。中位機種はノートパソコン向けのCore i5を搭載します。下位、中位機種ではクーリングファンを廃したパッシブ冷却機構を搭載します。



上位機種はより性能の高いGPUであるIris Plus Graphics 640を統合しています。エントリークラスの独立GPU並の性能を発揮できます。その代わり発熱が増えていて、Core i7登載の上位機種ではアクティブクーリングシステムを積む形になります。



メインメモリは4GB〜16GB。ストレージは128GBから。上位機種では1024GBのストレージを選択できます。



液晶パネルは従来のSurface Pro 4のものをキャリーオーバー。12.3型で縦横比は2:3。解像度は2,736 x 1,824ドットの高解像度のものとなります。



インタフェースポートは一通りフルスペックと言えるものを搭載します。ただ、この機種も有線LANポートを持ちません。



サイズはほとんどA4用紙大の約292mm x 約201mm。厚さは8.5mmです。重量はCore m3モデルが766g、Core i5/i7モデルは786gとなっています。



外見はほとんど従来のSurface Pro 4と一緒に見えるのですが、この機種特有のキックスタンドは機構が一新され、最大165度まで開くことが出来るようになっています。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA