ターゲットはプロ?噂の液晶一体型デスクトップSurface Studio登場

マイクロソフトか、らいよいよ噂の液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio」が登場します。



非常にスタイリッシュかつハイスペックなPCで、価格面からもスペックからもプロユースを強く意識したマシンになっています。





今回は改めてマイクロソフトの本機を感じる、Surface Studioをご紹介します。




スポンサーリンク

スペック

Surface Studioで最も注目が集まる点は、やはりその高解像度ディスプレイでしょう。28型画面で、4,500 x 3,000ドットもの高解像度を実現しています。





ずっとマイクロソフトがこだわっている、縦横比3:2の解像度のディスプレイを継承する形で搭載してきました。





この解像度になると、流行の兆しを見せつつある4Kテレビの解像度3,840 x 2,160ドットを大きく超え、画素数は1.6倍以上を実現しています。





また、画素密度もデスクトップパソコンとしては異例に高く、192dpiにも達します。





色再現幅も非常に広く、プロ向けの色空間と一般的にパソコンで使われるsRGBの色のモードを、簡単に切り替えられる仕組みも搭載しています。





もちろんタッチパネルも搭載していて、10点のマルチタッチに対応。タッチパネルを搭載しながら、液晶部分は12.5mmの薄さも実現しています。





CPUには第6世代のCoreプロセッサのうち、高性能ノートPC向けのHプロセッサを搭載。クアッドコア構成のCPUとなっています。





今、少しずつ第7世代のCoreプロセッサの出荷も始まっていますが、まだこちらにはクアッドコアCPUがなく、第7世代のCoreプロセッサでクアッドコア製品を待つと2017年春まで製品が世に出ないことになります。





Coreプロセッサの第6世代と第7世代とでは、性能・機能面には大きな違いがないこともあって、マイクロソフトは第6世代のCoreプロセッサを選ぶ選択をしたのでしょう。





また、超高解像度ディスプレイを搭載したこともあってか、かなり高性能な独立GPUも搭載しています。NVIDIAのGeForce GTX 965Mまたは980Mを選択可能です。

おすすめ記事!!

コメント

  1. Harvey より:

    こんにちは!Harveyと申します。
    アマゾン商品のモニターアームのには興味がありますか?もしよかったら体験してみてくださいね。そしてブログの記事レビューもお願いします。
    人間工学の原理で製作したアームはいい作業環境を作れます。
    よければ、メールで連絡ください。japan@loctek.com
    商品は無料です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA