自宅の鍵をスマホでオープン!!遠隔操作や一時的な合鍵も作れるSESAMI mini(セサミミニ)をレビュー




スポンサーリンク

SESAME miniの取り付け

自宅の鍵はステーを使わなくても取り付けをすることができたので比較的かんたんに取り付けることができました。



今回取り付けた鍵は一般的なサムターン錠です。



この鍵の上部にSESAME miniを取り付けていきます。

※この時にSESAME miniの下側の溝にしっかりと鍵が入るように設置してください。



こんな感じに取り付けできました。

取り付けには5分もかかりませんでした。




SESAME miniの設定をしよう!!

SESAME miniが取り付けできたら、SESAME miniとスマホを接続して、鍵を開けられるようにします。



まずは、スマホにアプリをダウンロードします。

下にリンクを張っておきました。

iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら







ダウンロードができたら、アプリを開けます。

開けると下のような画面が出くるのでユーザー登録をします。





登録ができたらログインをします。



ログインをするとセサミの登録をする画面に行くので、プラスボタンを押してセサミを登録していきます。





プラスボタンを押すとセサミに名前をつける事ができるので登録をしていきます。

私は、玄関と名前をつけました。





名前をつけるとBluetoothで近くにあるセサミを表示してくれるのでタップをします。













これでSESAME miniを使用することができます。


SESAME miniを使ってみよう!!

設定が終わるとスマホを使ってSESAME miniで鍵を開けることができます。



SESAME miniで鍵を開ける時は、アプリを開けて左上の4つの丸のボタンを押します。







押すと登録したセサミが出るので開けたい鍵のボタンを押します。





押すと、SESAME miniが動いて鍵の操作をすることができます。







また、設定ボタンを押すと、ノック機能と手ぶら解錠を設定することができます。

ノック機能はポケットに入っているiPhoneをノックするとセサミの操作ができます。

手ぶら解除は近くに行くと勝手にセサミが鍵を開けてくれます。




SESAME miniをネットと接続しよう!!

SESAME miniとWi-Fiアクセスポイントがあれば、SESAMI miniをネットと接続して、外からSESAMI miniを操作することができます。

この機能を使うと、友人が家に来る時にその時間だけ鍵を開けたり、外出先から鍵の閉め忘れの確認をして、鍵を締めたりすることができます。



SESAME miniを接続する方法も簡単です。

まず、Wi-Fiアクセスポイントを自宅のコンセントに繋ぎます。

Wi-Fiアクセスポイントにはコンセントが付いていないので、先に用意をしておくといいと思います。

セサミミニを選ぶ画面を出したら、右にスワイプをします。



スワイプするとWi-Fiアクセスポイントの設定が行えるので、プラスボタンを押します。







プラスボタンを押すと自宅のWi-Fiと接続することが出来るので、Wi-Fiを選択してパスワードを入力します。









自宅のWi-Fiに接続ができたら、Wi-FiモジュールとSESAMEを接続します。



接続をするにはプラスボタンを押してSESAMEを選択すると完了です。




SESAME miniをApple Watchから操作しよう!!

SESAME miniはApple Watchから操作することができます。

設定をするにはiPhoneからApple Watchのアプリを開きます。

開くとSESAMEのアプリが出てくると思うのでタップをします。



次にAppをApple Watchで表示するを選択します。





すると、Apple WatchでSESAMEのアプリを表示することができます。

Apple Watchの設定をしてトップの画面でSESAMEを選択出来るようにしておくと、鍵を開ける時に便利です。





Apple Watchで鍵を開けてみましたが、とてもスマートで素敵でした。





今回は、スマホやApple Watchで鍵を開けられるSESAME miniを紹介しました。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA