Cerevoからユニークな追加機能を持つアクションカム「XON REC-1」登場



また、データをオーバーレイした画像を動画データとして書き出す機能も搭載されています。



スポーツシーンの動画に加速度などのデータを付けた形で、動画共有サイトに公開したりすると、なかなか楽しい映像の共有が出来そうです。



実際どの程度の精度までのデータの取得が行えるのかは、実際に製品を使ってみるまで分からないかもしれませんが、今までのアクションカムとはひと味もふた味も違った活用も可能になりそうです。



著者が個人的にちょっと面白い、というよりは矛盾するような仕様かな?と思ったのは、カメラと連動するアプリはiOSなのに、パソコン側で動画とデータの同期を取るソフトはWindows版のみ、という部分ですね。



トータルのソリューションとしては、統一性はあまり考えていないのかもしれません。



日本市場を考えると、スマートフォン分野ではiPhoneシリーズが圧倒的に強く、パソコンではいまでもWindows系がメジャーと言うことで、現実的な判断とは言えそうです。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA