スカイフロンティアのNFTでGCAKEのステーキングをする方法


スカイフロンティアのNFTはゲームが始まるまでステーキング(銀行に預けて利息がもらえるみたいなイメージ)をしてGCAKEを増やすことが出来ます。

 

今回はスカイフロンティアのNFTステーキングの方法を紹介します。

 

ステーキングはTTX.FINANCEからできることが出来ます。

TTX.FINANCE

 

スポンサーリンク

メタマスクアプリからステーキング

スマホから行う場合はメタマスクのアプリから行うことが出来ます。

まずは、メタマスクのアプリを開いてBNBsmartChainに変更します。

smartChainに変更したら左のメニューからブラウザを開いてTTX.FINANCEのアドレスをいれてページに飛びます。

 

開くとTTX.FINANCEのサイトに行けるので、右上のメニューをタップします。

 

タップすると下にconnectwalletのボタンが出るのでタップします。

 

接続するウォレットが選択できるので自分のウォレットをタップします。

 

接続の確認が出るので、問題がなければ接続をタップします。

 

 

ウォレットを接続できたら自分が持っているNFTを選択します。

Available to stakeのところに自分がステーキングしたい数を入れてApprpveをタップします。

 

すると、アクセスを許可するかが出てくるので、確認して許可をタップします。

ちなみに、ガス代がかかります。

 

承認をタップすると、処理が始まるので少し増します。

 

この画面が出れば処理は完了です。

 

あとは、ステーキングしたい数を入れてStekeをタップして、ガス代の確認などをして承認をタップすればOKです。

※ステーキングの開始時期はNFTよって違うので注意してください。



おすすめ記事!!

コメント

  1. 秋元 より:

    ステーキング自体はサーバで行われているので、ローカルのパソコンやスマホの電源を切ったりブラウザを閉じたりしても問題はないですよね?
    よろしくお願いします!

    • honkon より:

      コメントありがとうございます。
      返信遅くなってすみません。
      問題ないです。

  2. xxijowir より:

    Finish してしまった場合、回収は出来ますか?
    期限に気付くの遅くなって、預けたものが見当たらないのです、、、

    • honkon より:

      コメントありがとうございます。
      上のタブをLiveからFinishに変えると表示されると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA