小さめの部屋でも大画面を実現できる、単焦点タイプのpopIn Aladdin2が登場!!1と比較して違いを紹介





どうも、コロナウイルス感染拡大防止で自宅にいる時間が増えてきていて、自宅環境を少しでも良くしようとしている管理人ですww



そんな中、以前紹介したpopin Aladdinが大活躍しています。



大画面で映画やYouTubeをみたり最近radikoが使えるようになったので、radikoを聞きながら掃除をしたりしています。



なので、だいぶおうち時間を楽しんでいるのですが、popin Aladdinを設置している部屋が狭いこともあって、画面があまり大きくないんですよね・・・



あと、上下左右の調整があまり効かないので画面が天井よりになっちゃったりしてて長時間見ていると首が痛くなってきたりしてしまいます。



でも、今回そんな悩みを解決するpopin Aladdin2が発売されることになったので紹介をしていきたいと思います。






スポンサーリンク

1.少し薄くなった本体



本体は、1に比べ24mm薄くなっています。

以前の丸みを帯びた印象から、シャープな印象になりました。



popin Aladdinを初めて見る人は大きく感じると思います。



天井に設置をするので、そこまで気にはならないですが、天井が低めの賃貸住宅などでは少し圧迫感を感じる人もいるかも知れません。



でも、今回のpopin Aladdin2は24mm薄くなっていて、シーリングカバーも自然なので、どんな部屋にも合わしやすそうですね。


2.フルHDに対応

最近You TubeなどもフルHD対応の映像が増えてますが、popin Aladdinの画質はHDだったので、少し、映像が荒く見える事がありました。

なれてしまえば問題ないかもしれないですが、やっぱり映像はきれいな方がストレスのない動画ライフを体験できると思います。


3.単焦点レンズ搭載により、短い設置距離でも大画面を実現



popin Aladdinは単焦点レンズを搭載していなかったため、1.56mで60インチの画面を作り出すことができましたが、popin Aladdin2では1.56mで100インチの画面を作り出すことができます。

自宅の寝室も狭く、想像していたより画面が小さいと感じていたのですが、popin Aladdin2なら狭い部屋でも大画面を作り出すことができます。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA