ロジクールの新ハイエンドマウスMX MASTER 2S。本体は無難な改良。真価はソフト側に。



パソコンなどの周辺機器メーカーの大手、ロジクールが新型のハイエンドマウスを発売しました。



かつての名機MX REVORUTIONの血を引く「MX MASTER 2S」です。



一度はロジクール自身がコストがかかりすぎるから二度と作らない、とまで宣言した独自のスクロールホイールの機構を復活させたMX MASTERのバージョンアップ機です。



今回このMX MASTERの順当な正常進化形的なハードウェアを搭載していますが、実はこのマウスの真の価値は進化したマウスユーティリティ側にあるかもしれません。



今回はそのあたりの事情も含め、ロジクールの新型マウスMX MASTER 2Sをご紹介します。


スポンサーリンク

ハードウェアはセンサーが高解像度化

MX MASTER 2Sはマウス本体のデザインは従来のMX MASTERと全く同じ形になっているようです。



右手操作専用のモデルで、ロジクールお得意のかなり人間工学的配慮を追求した形をしています。



カスタマイズ可能なボタンの数は少なめで、親指が自然にかかりそうな場所に隠れたボタンが一つ、進む・戻るボタンが1つずつ、あとは、ホイールのクラッチ切り替えが割り当てられているボタンが1つあるだけです。



その代わり、親指で操作する横方向に回転するスクロールホイールが追加でもうけられています。



またMX MASTERシリーズ独特のメカがメインのスクロールホイールにビルトインされていて、通常の操作ではクリック感のある普通のスクロールホイールとして動作します。



ですが、強くはじくようにホイールを回転させると自動でクラッチが外れてクリック感がなくなり、ホイールの材料の慣性でホイールが回転を続けるギミックになっています。



これにより、放っておいても縦に長いページなどの高速スクロールが出来る仕組みになっています。



著者も先代のMX MASTERを使っていますが、一度この感覚に馴染んでしまうと他のマウスには戻れなくなる非常に強力なギミックです。



MX MASTER 2Sでは、そういった特徴はそのまま引き継ぎつつ、ガラスの上でも操作可能とされる独自センサーの解像度を1600dpiから4000dpiに引き上げてきました。



従来のMX MASTERのセンサーだと、4kディスプレイなど、超高解像度の環境ではポインタ移動速度を最大限まで上げても少々移動速度が遅い感じがありましたので、その部分がケアされたイメージです。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA