ユニークな拡張モジュールで変身するスマホ。モトローラのMoto Zシリーズ


↑画像をクリックするとAmazonにジャンプします。
モトローラからとてもユニークなスマートフォンが登場しました。背面に磁石でくっつく形の拡張モジュールを取り付けることで、色々な機能を拡張して別の機能を持つ機種に変身できるスマートフォン、Moto ZとMoto Z Playです。





Moto Zは超薄型で現在のハイエンドと呼べるクラスの機種、Moto Z Playはスペック的にはミドルハイと呼ばれる中〜上位クラスの性能を持つ機種です。





今回はこの2機種と、ユニークな拡張モジュール「Moto Mods」をいくつか取り上げてご紹介します。




スポンサーリンク

スペック

Moto Zは一部のスペックを除き「スペック怪獣」と呼ばれるようなクラスのハイエンドスマートフォンです。





SoCにはクアルコムの最新のハイエンドチップ、Snapdragon 820を搭載。メインメモリは4GB、ストレージは大容量の64GBを内蔵しています。





カメラ部は若干控えめの性能で、リアカメラが約1,300万画素、インカメラは約500万画素のセンサーを採用しています。リアカメラの方は、光学式の手振れ補正とレーザーオートフォーカスを採用と、この部分では手抜きがありません。





OSはAndroid6.0を採用し対応するLTEの電波帯も幅広く、まさにグローバルモデルのスマートフォンらしい機種となっています。





画面は5.5型でWQHD(2,560 x 1,440ドット)解像度の有機ELパネルを採用しています。





薄さが5.2mmの超薄型となっている関係で、バッテリー容量は2,600mAhと控えめ。さらにイヤフォンジャックが省略されています。





Moto Z Playの方は、SoCがSnapdragon 625になり、ミドルハイクラスの性能になっています。本体内蔵のカメラは上位機種のMoto Zを超える、約1,600万画素センサー搭載のカメラに強化されているところがちょっと面白い関係です。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA