新機軸のインタフェースTouch Bar搭載の2016年型MacBookPro

先日、Apple社のノート型Macのフラッグシップモデル、MacBookProがリニューアルしました。



最大の話題となったのはファンクションキーが廃され、代わりに表示内容が自由にプログラム可能なタッチ式のインタフェース、「Touch Bar」が搭載されたことでしょう。



実は今までファンクションキーの代わりに何らかのタッチセンサー式デバイスを搭載したノートパソコンはいくつか世に出ていますが、どれも成功したとは言えずすぐに消えていきました。



そちらの観点からもTouch Barを採用したAppleの判断が注目を集めた部分もありそうです。



今回は2016年版MacBookProをご紹介します。


スポンサーリンク

スペック

MacBookProにはディスプレイサイズが13型のものと15型のものがあります。基本的なスペックはある程度共通となっていますが、CPUと独立GPUに関しては15型のモデルの方が高性能な構成をとれるようになっています。



CPUにはインテルの第6世代Coreプロセッサを採用しています。15型モデルではクアッドコアCPUも選択可能な部分が大きなトピックになります。



本格的に重い処理を行う際に非常に大きな威力を発揮します。



また、このクアッドコアのプロセッサを選択可能にするために、CPUにはあえて第6世代のCoreプロセッサを選んでいるとも言えます。



デュアルコアプロセッサならば第7世代のCoreプロセッサが使えるようになっています。



ですが、第7世代でクアッドコアのCPUは2017年のリリース予定となっていますので、本当の意味での高性能が必要なケースもあるMacBookProでは、ラインアップにクアッドコアCPUを用意しない、という選択肢はなかったのでしょう。



13型モデルではGPUはCPUに統合されたものを使う仕様ですが、15型では外部により高性能のGPUを搭載しています。



その兼ね合いもあって、統合GPUのほうは性能が控えめなCPUが選択されているようです。



また、内蔵ストレージのSSDにはNVMe対応の超高速なものが採用されています。



モデルによっては注目のインタフェースTouch Barを搭載。また合わせて指紋認証が使えるTouch IDも搭載しています。



使い勝手の上で一番影響が出そうな部分として、周辺機器とのインタフェースがUSB Type-C形状の「Thunderbolt 3」のみに集約されたことがあげられそうです。



USB Type-Cで利用する際にもThunderboltとして利用する際にも、従来のUSB3.0といったインタフェースよりもずっと高速でのデータの転送が可能になりますが、既存の周辺機器を接続するには変換コネクタなどが必要になります。



その代わり将来性や、すべての機器、電源供給などを1つのコネクタ形状でまかなえる部分には大きなメリットがあると思われます。



今後、USBは徐々にType-C形状に集約されていくと思われますので、不便は少しずつ解消されていくでしょう。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA