【レビュー】iPhoneで3D録音が出来るイヤホンタイプのバイノーラル録音マイクScenes Lifelike SS-101

スポンサーリンク

SS−101はイヤホンのように使うこともできますし、録音用のマイクとして使うこともできますが、バイノーラル録音に特化した商品の為、メリットとデメリットがあります。


スポンサーリンク

SS-101のメリットとデメリット




SS-101のメリット

とにかく安い!!

SS-101はバイノーラル録音をすることがデバイスの中では安く購入することができます。

なので、バイノーラル録音を試してみたい方は入りやすいと思います。


イヤホンのようなデザインで使える!!

SS-101はイヤホンのようなデザインになっているので室内はもちろん屋外でも使用するフィールド・レコーディングにも最適です。

更に、イヤホンのようなデザインなので録音している音を自分の耳で確認しながら録音を進めることができます。


手軽に録音できる!!

iPhoneとSS-101があればどこでも録音が出来る手軽さはとても素敵だと思います。

また、イヤホンとあまり変わらない大きさなので荷物も全然かさばりません。

どこか遠くに行っての録音をしたいときや、旅行に行った時に、映像だけでなくリアルな映像と一緒に思い出を残すような使い方もできます。


PCでも置きながらでも録音できる!!

SS-101はPC用アダプタも販売しているのでPCでバイノーラル録音をすることができます。


また、専用のスタンドを使えばスタジオなどで録音を行う場合などにも便利でYouTuberの方にも好評のようです。


イヤホン代わりにも使える!!

SS-101はイヤホンの形をしていますし、音質も悪くはありません。

また、再生ボタンや音量ボタンもついているので音楽を聞く程度であればイヤホン代わりにも十分使うことができます。




SS-101のデメリット

SS-101のメリットを伝えてきましたが、SS-101にもデメリットはあります。

ここでは、SS-101のデメリットを紹介していきます。


音質はイヤホンに劣る

SS-101は、音楽を聞くためではなく録音をするために作られているので、イヤホン自体の音質はそこまでよくありません。

SS-101をつないで音を再生しないでいるとわかるのですが小さくボーと音がなっています。


マイクなどの機能はついていない

さっきも説明しましたが、SS-101は録音に特化しているので必要最低限の機能しかありません。なので、現在では一般的なイヤホンについている通話機能はついてません。

スマホの電話とLINEで試してみたけどだめでした。

旅行先の海の音なんかを電話で相手に伝えることができたら面白いと思ったのですがこれは少し残念でした。


風に弱い

SS-101のマイクには風防などがついていないので、外で録音をする際などには風の音などを拾ってしまいます。

風を防ごうと思ってフードをかぶると布と擦れてゴソゴソと音がなってしまいます。

外で使いやすい物なのでここはかなり残念です。

今後オプションで風防などが出ることを期待しています。




バイノーラル録音を試してみたい人にはもってこいのエントリーモデル

バイノーラル録音には興味があったけど高いの買うのはと躊躇している人や、YouTubeやイチナナ、LINEライブなどの配信をしている人にはもってこいだと思います。



自分も使ってみているとどんどんおもしろくなっていろいろな録音をしてみたいと思いました。



今回はScenes Lifelnkeを紹介しました。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA