iPhoneでもWindowsでも使えるマルチデバイス対応のワイヤレスキーボードK780が素晴らしい!!ロジクール



デバイスを変更したい時は、変更したいデバイスを割り当てている数字のボタンを長押します。

次に、変更したいデバイスでK780を選択して数字を入力します。

誤作動を防ぐ為に変更前のデバイスからは登録を解除しておくといいと思います。




スポンサーリンク

マルチデバイス対応だからiPadでもWindowsでも使いやすい



Macを使う人ならわかると思うんのですが、MacとWindowsではキーの配置や種類が少し違います。

それぞれのデバイスに切り替えるとOSを自動で判断して切り替えてくれます。

キーストロークが浅くとても静かに打てる

キーストロークが非常に浅く静音性にとても優れています。



入力時にカチャカチャを音を立てることがないので周りの迷惑にもなりにくいです。

打鍵感は重さを感じるほどではないですが、スカスカした感じもなく押せてると感じる程度です。



また、テンキーがついているので作業効率がとてもいいです。


実際に使ってみて

職場のノートPC、iPad、iPhone6sを登録して2週間ほど使ってみての感想です。



現状では不満もなくとても使いやすいです。

中でもPCとiPadの切換が出来るのがとても便利です。

普段の入力作業はPCで行っていますが、スケジュールの管理はiPadで行っています。

なので、K780の上にiPadを置いて常にカレンダーを開いています。電話などでスケジュールが入るとK780でiPadに切り替えてスケジュールの入力を行うことが出来ます。



また、今まではタブレットスタンドをPCでの横に置いていたのですがK780を購入してからK780にタブレットを立てかけています。なので、デスクがとても広々しました。

これからもメインで使うキーボードになりそうです。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

また、定価は11,070円ですがAmazonで購入すると7,420円で購入することが出来ます。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA