イヤフォンジャックのなくなったiPhone 7。不便を解消するアイテムいろいろ

iPhone 7では、本体の防水・防塵性能を考慮したためか、イヤフォンジャックが省略されることになりました。



本体には、Lightningコネクタに接続するタイプのイヤフォンアダプタも付属しますので、ちょっぴり見た目は良くなくなりますが、今まで使っていたイヤフォンをそのまま利用することは可能です。



ただ、これを使ってしまうとLightningコネクタが埋まってしまいます。ご存じの通りiPhoneはLightningコネクタから充電も行いますから、このアダプタ経由でイヤフォンを使用すると、同時に充電を行うことが出来なくなります。



実際にそういったシーンが多くあるかどうかは別として、そういった使い方をよくするユーザーには不便な仕様になっています。



今回はこれを解決できる周辺機器をご紹介しましょう。


スポンサーリンク

据え置き利用なら純正のこれ

iPhone 7を充電しつつイヤフォンジャックを利用したいケースが、自宅でのものという場合には、Apple純正のこちらの据え置き型ドックが使えます。

↑画像をクリックするとAmazonにジャンプします。

「iPhone Lightning Dock」です。



iPhone 7本体のLightningコネクタに接続して利用するタイプの製品で、どちらかというとこのドックにiPhoneを立てかける、というイメージになります。



イヤフォンジャックとLightningコネクタを装備していますので、iPhone 7を充電しつつ、音楽を聴きつつ、さらにLightning接続の周辺機器を利用することが出来ます。



自宅でのiPhone 7利用の際に、iPhone本体の拡張性をより広げるタイプの周辺機器です。



価格はAppleの公式ストアで5,200円となっています。


外出先での利用には

iPhone本体にLightningコネクタが一つしかないからこういうことになるんだろう?という発想で作られたのがこちらの製品。Lightningコネクタを2分配させる、いわばLightningハブとでも言うべき製品です。


↑画像をクリックするとAmazonにジャンプします。

周辺機器メーカーとして定評のある、Belkinが販売する「Lightning Audio + Charge RockStar」です。



この製品を介してiPhone 7に充電しながらイヤフォンを接続する場合には、片方のLightningコネクタに本体付属のイヤフォンアダプタを接続する形になります。



きちんとMFI認定済みの製品ですので、Lightningコネクタに接続するオーディオ機器との互換性が確認されています。最大24bit/48kHzまでのハイレゾ音源の再生にも対応可能です。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA