iPhone用超弩級ワイドコンバージョンレンズ、カール・ツァイスブランドのExoLens







また、レンズには誇らしげに青いZEISSのバッジが付いています。このツァイスレンズならではのバッジを見るだけでグッとくるカメラユーザーも多いでしょう。レンズ先端に向かって曲線を描いて広がる形は、最新のレンズ交換カメラ用のツァイスレンズにも共通するテイストです。





ただ、そのこだわりの作り込みが使い勝手などには若干影響するかもしれません。このレンズを取り付けると、iPhone本体に比べレンズの存在感がすごく大きくなります





また、レンズを装着するためのバンパー状のアタッチメントもかなりゴツイ感じで、これを装着して写真を撮るとかなりの注目を集めるのは間違いないでしょう。





装着にも若干手間を喰うため、スマートフォンのカメラならではの機動性はある程度削がれるかもしれません。




スポンサーリンク

価格も超弩級、だが

レンズの作り込みや写りの方は素晴らしいものがあるこの製品ですが、プレイスタグを見るとまたびっくりされる方が多いかもしれません。一般的なコンバージョンレンズの数倍からそれ以上のお値段になります。Amazonでは現在4万円程度の価格で販売されています。





ただ18mm相当という超広角の世界は、従来ならばレンズ交換式の本格的なカメラでしか味わえない世界でした。それをiPhoneでも実現可能にするこのレンズは、iPhoneの写真撮影の幅を大きく広げてくれるでしょう。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA