MacやSDカード、HDDなどのデータを簡単に復元できるおすすめのソフト「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」の使い方

皆さんこんにちは。



皆さんはデータのバックアップはしっかりと取っていますか?



パソコン本体や外付けHDDなどの外付けメディアも容量が決まっているので、いつかデータがいっぱいになってしまいます。



そんな時にデータの大掃除をするのですが、それから時間が立って消してしまったファイルが必要になったり、家族や友達との写真を間違って消してしまったりとデータトラブルを経験して発狂しそうになった経験がある人も多いと思います。



そんな時にゴミ箱に残っていれば簡単に復元できるのですが、ゴミ箱も結構容量を取るのでゴミ箱のファイルも削除してしまっていると素人ではもうどうしようもありません。



いざデータを消してしまった後に焦ってネットでデータ復元ソフトを調べてみるのですが、たくさん種類があり、高価なものも多くどれを選べば良いのかわからないですよね?



今回は、パソコンや外部メディアからデータを消してしまった時にデータを復元できるソフトの「EaseUS Data Recovery Wizard」をEaseUS様から提供して頂いたので、インストール方法や使い方、実際に復元できるのかを実際に使用してお伝えしていきたいと思います。



「EaseUS Data Recovery Wizard」はVectorが開催しているVectorプロレジ大賞を受賞していますので安心感は大きいと思います。



また、私がデータ復元ソフトを検索していた時はとても焦っていたので今回の記事はまとめから書いていきたいと思います。



焦ってない方はまとめの後に詳しい使い方などを説明していますのでじっくり見ていってください!!



いざというときのために記事をエバーノートなどに記事をクリップしたりやブックマークしておくと安心です。


スポンサーリンク

「EaseUS Data Recovery Wizard」でデータは復元できたのか!?

データ復元ソフトを探している人で一番気になっているのは実際にデータが復元できるかだと思います。
実際に「EaseUS Data Recovery Wizard」を使ってファイルが復元できたのか?
USBや外付けHDD、SDカードなどの外付けメディアのファイルは問題なく復元できました。



しかし、内蔵SSDのデータ復元はすることが出来ませんでした。

現在、復旧方法を探しているそうです。



ここでは少しでも早くファイルを復元しなくてはいけない方のために簡単に出来ることを紹介します!!

記事の後半では、ソフトの使い方やテストの詳しい様子をお伝えしていきます。

データを復元できる期間

データの復元を行って見てびっくりしたのが、データの復元をできる期間がとても長かったです。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA