右手用と左手用部分で、2つに分離する「変態」キーボード登場。MistelのBarocco


一般的なキーボードはホームポジションに指を置くと、手首を少し腕の外側に曲げるような形にしないときちんとキーに指を置くことができません。その分、タイピング時には手首に少し余分な負担がかかります。



このため、キーの右手分の守備範囲と左手分の守備範囲を完全に分離して、ハの字型に少し開くタイプのキーボードが人間工学的には優れているとされていて、このタイプのキーボードはエルゴノミクスタイプのキーボードと呼ばれたりします。



このエルゴノミクスタイプのキーボードの一種とも考えられる、極めて独創的な発想のキーボードが発売されました。



発売元は台湾のMistelというメーカーで、製品名は「Barocco」です。



かなり「変態的」とも見える、このものすごくユニークなキーボードをご紹介します。

スポンサーリンク

キーボードが2つに「割れる」

Baroccoでは人間工学的な対処をある意味ものすごく「乱暴」なやり方、力業で強引にやってしまいました。





キーボードが左手用、右手用に「分離」します。分離と言うよりも見た目は板チョコが「割れた」ようなそんな感じになります。





また、2つをドッキングさせて普通のキーボードとしても利用できる仕組みになっています。





分離させた片割れを全く知らない人に見せたなら、ジョークグッズか利用している人がブチ切れてキーボードを破壊した、と思うかもしれません。それぐらいに分離状態のルックスは衝撃的です。





分離させた状態で、左右両手首が真っ直ぐになるような角度にキーボードを配置すれば、手首の負担が減り人間工学的には優れた配置になります。それ故、この製品はエルゴノミクスタイプを名乗っているのでしょう。




コンパクトタイプの英語配列

Baroccoは英語配列のキーボードで、JIS配列のものよりも通常の文字のキーが1列少なくなっているはずです。また、Enterキーも横長の英語配列ならではの形をしています。





JIS配列になれた方、日本語入力はかな直接入力で行っている方には、残念ながら使いにくい配列になっていると思います。





また、Happy Hacking Keybordなどのように、ファンクションキーを省いたコンパクトタイプとなっていて、設置面積はとても小さくできるタイプです。





ちなみにこのタイプのキーボードでは、ファンクションキー相当の入力はFnキーと数字キーのコンビネーションで行う形になるはずです。




キースイッチはCherry製のメカニカルスイッチ採用の本格派

見た目とコンセプトこそぶっ飛んだ製品ですが、実は作り込みの方はかなりまじめにまとめられています。



おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA