有線Continuum対応。キーボード・マウスもセットになったAcer Liquid Jade Primo

HPのウルトラハイエンドとも言えるスペックを実現したElite x3の登場で、スペックに関しては若干見劣りがするようになりましたが、でもそれでも十分に高いスペックと高い実用性を兼ね備えたWindows 10スマートフォンが、AcerのLiquid Jade Primoです。





発売のタイミングを見るとElite x3がかなり遅れたために、日本国内で最初に有線のContinuumを利用可能にした機種は、こちらのLiquid Jade Primoのほうになりました。





その他のスペックにもまったく抜かりはなく、非常に実用性の高い端末に仕上がっています。今回はこのAcerのLiquid Jade Primoをご紹介します。




スポンサーリンク

スペック

Liquid Jade Primoはスマートフォンの心臓部となるチップのSoCに、クアルコムの現時点での準ハイエンドといえるクラスのSnapdragon 808を搭載しています。





こちらのチップはCPU部には、高性能コアを2つ、低消費電力コアを4つと、ちょっと変わった構成のSoCです。CPUのコア数以外は、Snapdragon 810に準ずる性能を持つSoCです。





メインメモリは3GB、ストレージは32GBを搭載していて、Windows 10 Mobileを動作させるには十分余裕のあるスペックになっています。





ディスプレイは5.5型フルHD解像度の有機ELディスプレイを搭載。画質面にも期待が持てます。





バッテリーはこのクラスのスマートフォンとしては概ね一般的と言える、2,870mAhを確保しています。





USB端子にはこれから主流となるであろう、上下どちら向きにも接続可能な、Type-C形状のUSB3.0コネクタを持っています。





メインカメラには約2,100万画素のソニー製裏面照射型センサーを搭載するなど、カメラの画質面へのこだわりも見える機種となっています。

おすすめ記事!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA