CDのディスクにハイレゾ音源を収録。「MQA-CD」登場へ

スポンサーリンク



音楽好きの間で少しずつ認知と利用が広がっているハイレゾ音源ですが、その形式の一つに「MQA」という新種が生まれています。

色々とユニークな特徴を持つハイレゾ音源形式なのですが、その特徴の一つにその他のハイレゾ音源の形式よりもずっとデータのサイズを小さくすることが出来る、ということがあります。



これを最大限に活かすような形で、従来のCDのディスクにハイレゾ音源を収録してしまった「MQA-CD」が生まれました。



今回は非常にユニークな新ハイレゾ音源メディア「MQA-CD」をご紹介します。


そもそもMQAとはなんぞや

MQAはイギリスのオーディオ関連のメーカーである「メリディアン オーディオ」が提唱する新しい音源データの形式です。



CDよりも良い音を記録できるハイレゾ音源の一つでありながら、音源データのサイズをその他の形式よりもずっと小さく出来ることが特徴の一つです。



この仕組みをメリディアンでは「音楽の折り紙」と呼んでいます。



一般的なハイレゾ音源のデータは、ハイレゾ非対応の機器では再生することが出来ませんが、MQA形式のデータはCDやDATの音源データが再生できる機器ならば、普通にCDレベルの音質での再生が出来るようになっています。



この部分もMQAの優れた部分の一つですね。



国内ではハイレゾ音源のダウンロード販売を行なっているe-onkyoなどが、積極的にMQA形式のハイレゾ音源の販売に乗り出しています。



高音質を実現しながらデータ量を抑えられますので、ポータブルプレイヤーやスマートフォンで聴く音楽のデータに最適な物の一つになっています。


MQA-CDとは

MQA-CDは、このMQA形式のハイレゾ音源データを今あるCDと全く同じ形式で作った光ディスクに収録したものです。



MQA形式の音源データがハイレゾ非対応の機器でもCDと同じ音で再生できるのと同じように、MQA-CDもMQAに対応していないCDプレイヤーで普通のCDとして再生できるところがとても特徴的な部分ですね。



「音楽の折り紙」状態に圧縮された音のデータをきちんと再生して、MQA形式本来のハイレゾ音源としての音質で再生するには、MQA形式に対応した機材が必要になります。



MQA-CDの作成は普通のCDを製造するのと一緒で「プレス」による大量生産が出来ます。



コスト面でも一般のCDと同じとのことですので、きちんと普及すればCDと同じ程度のお値段で、町のレコード屋さんで買える新しいハイレゾ音源になってくれる可能性があります。



今、ハイレゾ音源を手に入れようと思うと、ネット経由のダウンロード販売サイトを使うか、レコード屋さんでSACD(スーパーオーディオCD)を購入ぐらいしか方法がありません。



この部分がちょっと変わってくるかもしれません。


ちなみにハイレゾ音源とは?

ハイレゾ音源を一言でまとめてしまうと、CDよりも良い音で記録された音楽のデータ、です。デジタル的な言い方をすると、CDよりもずっと高い精度で近似した音楽データ、とも言えます。



滑らかで柔らかく、より元の音に近い音楽の再生が出来るようになっていて、きちんと収録された音源ならば、会場の空気感なども伝えられる、なんて言われています。



記録されている情報量自体は実際非常に膨大で、CDの5倍とかそれ以上の情報を持っています。その分、データの容量も巨大になりますので、扱いはちょっと面倒になっています。



この点が改善されているのがMQA形式、ということになりますね。


まずは1枚目が

3月17日にまずは1枚目のMQA-CDが世に出たようです。UNAMAS Piazzolla Septet演奏の「A.Piazzolla by Strings and Oboe」だそうです。



価格は2,500円、沢口音楽工房の発売で、販売はOTTAVAから行なわれます。



まだメジャーレーベルは動いていないと思われますが、一部の会社が興味を持っているとの情報もあるようです。



普通のCDと同じコストで生産できるとのことですから、今後このタイプのCDからもハイレゾ音源が広がることを期待したいところです。

関連記事
スポンサーリンク
Amazon.co.jpアソシエイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA