スマートフォンのあのファーウェイからWindows 10タブレットPC登場

スポンサーリンク






ちょっと意外なメーカーから高品位の2in1パソコンとしても利用可能な、Windows 10タブレットパソコンが登場しました。





メーカーはコストパフォーマンスの高いスマートフォンメーカーとして、日本でも名前が売れ始めたファーウェイ。今回ご紹介する「MetaBook」は同社初のWindowsパソコンになります。





今、パソコンでは一番の激戦区とも言える、タブレットパソコンベースの2in1 PC市場に打って出たファーウェイのMetaBook。今回はこの機種の特徴などをご紹介します。




MetaBookのスペック

MetaBookはマイクロソフトのSurface Pro 4あたりと競合しそうな、12型の高解像度液晶を搭載した機種です。解像度は2,160 x 1,440ドット。色の再現幅が広くドットも細かいため、とても美しい表示が可能です。





MetaBookは競合他機種よりも1段薄い、6.9mmの本体を実現しています。





MetaBookはファンレスの無音動作を実現していますが、このためにCPUにはタブレット端末向けのより発熱が少ないCore mシリーズが選択されています。この関係から性能はSurface Pro 4などより落ちる形になります。





性能面では少し落ちる代わりにより薄くて軽い本体と低価格を実現できた関係で、このジャンルの一番のライバルと目されるSurfaceシリーズとは直接ぶつかることは避けられた形になっています。





エントリーモデルはCore m3と4GBメモリ、128GBのSSDを搭載して69,800円+消費税と、このクラスのタブレットパソコンとしては、かなり低めの価格を実現しています。最上位機種はCore m5に8GBメモリと256GBのSSDを搭載して、109,800円+消費税の価格となります。





本体カバーにもなるキーボードは14,800円+消費税、2,048段階の筆圧感知に対応するタッチペンは7,800円+消費税となります。タッチペンはちょっと変わり種で、なんとレーザーポインターも内蔵していてプレゼンテーションで便利に活用できそうです。




Windows Helloに対応する指紋センサー搭載

MetaBookでは指紋認証によるWindows 10へのサインインに対応可能な指紋センサーを搭載しています。Windows 10の生体認証機能Windows Helloを活用できます。指紋センサーは本体側に備えられていて、このあたりの発想もスマートフォンに近い感覚を感じます。




外観も高品位

スマートフォンで高品位な外装デザインに手慣れたファーウェイの設計だけあって、MetaBookの外装もアルミ製の高品位なものとなっています。





さらにCPUをCore mプロセッサとしたことでファンレスの無音動作と、薄型軽量を実現できています。薄さ6.9mmに加えて12型液晶を搭載したタブレット端末としては非常に軽い約640gの本体となっています。





おそらく実物を持ってみると驚くほどの軽さだと思います。見た目の大きさと持ったときの重量感が一致しないので、スペック以上の軽さを感じられる仕上がりになっているはずです。





キーボードもかなりしっかりと作り込まれているようで、2in1パソコンの存在意義である「何らかの生産を効率よく行えること」、をきちんとファーウェイが理解して製品を作り上げていることが分かります。




2in1 PCの新たな選択肢

既存のPCメーカーではないところからちょっと新しい価値観を持つパソコンが参入してきた、そういうイメージの製品がこのMetaBookだと思います。





ファーウェイらしいコストパフォーマンスの良さも光ります。うまく既存の2in1 PCのすき間を狙い撃ちしてきたようにも思います。





今までのWindowsタブレットが上手くマッチしなかった方も、検討する価値のある機種かもしれません。

スポンサーリンク
Amazon.co.jpアソシエイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA