【図解】3000円以下で買えるモニターアームグリーンハウスGH-AMC03とLoctek M21を比較

スポンサーリンク

こんにちは。



ガジェットファンです。



先日Loktekから依頼を受けてモニターアームFLEXIMOUNTSのM21を使用していますが、以前使用していたグリーンハウスのGH-AMC03との違いを比較して書いていきます。



【関連記事】

マルチディスプレイでのおすすめアーム!!エルゴトロン・グリーンハウス等・・・

【レビューと取り付け注意点】3000円以下で買える高コスパのアームLoctek M21モニターアーム 開封・設置


グリーンハウスのモニターアームGH-AMC03スペックとメリット

スペック

【固定方式】クランプ式
【耐荷重】 6kg
【モニターサイズ】23インチまで
【チルト幅】上方20度、下方25度


メリット

・モニターを取付けたまま縦と横の変更ができる。

・モニター角度が上下だけでなく左右にも細かく調整出来る。

・モニターを斜めにも設置することが出来る。


デメリット

・高さ調整には工具が必要。

・上下のチルト幅が少ない。

・ボルトの硬さに個体差があり、工具が必要になることも。


FLEXIMOUNTSのモニターアームM21スペック

【固定方式】クランプ式
【耐荷重】 10kg
【モニターサイズ】10−30インチまで
【チルト幅】上方85度、下方15度


メリット

・丁寧な梱包と組立手順の簡単さ。

・モニターの高さ調整が工具なしで出来る。

・モニターの着脱が簡単。


デメリット

・モニターの縦と横を付けたまま変えることが出来ない。

・モニター角度の細かい調整、左右の調整が出来ない。

・製品に個体差があり、アームを支柱に取り付けるときには苦労するかも・・・。


【図解】両製品の比較(右グリーンハウス、左FLEXIMOUNTS)

価格

新品価格でFLEXIMOUNTSが2,680円、グリーンハウスが2,880円です。

価格面ではFLEXIMOUNTSのほうがお得ですね。


モニターの高さ調節



モニターの高さ調節では、アームの高さが高く工具なしでも簡単に調節が出来るFLEXIMOUNTSのほうが優位です。


モニター角度の調整



モニター角度の調整では、上下角度ではチルト幅の大きいFLEXIMOUNTSが優位になりますが、細かい調整や左右の調整の面ではグリーンハウスのほうが優位になります。



これは、ユーザーの仕様目的によって選択肢が変わってくると思います。


縦横変更



縦と横の簡単さでは取付部が回転するグリーンハウスのほうが優位です。



しかし、二箇所固定で入れ替えるのであればFLEXIMOUNTSも比較的簡単に縦横の変更ができると思います。


個人的なおすすめ

今回、グリーンハウスのモニターアームGH-AMC03とFLEXIMOUNTSのM21を比較してみましたが、個人的には高さの選択肢が大きく高さ調節が簡単なFLEXIMOUNTSのM21のほうがおすすめです。

スポンサーリンク
Amazon.co.jpアソシエイト

コメント

  1. Loctek より:

    モニターアームの比較に記事するのはとてもわかりやすくて、ありがとうございます。単純の記事より消費者はこんな比較は一番興味ありそうですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA