やっとEOS Mにもマクロレンズが。キヤノンEF-M 28mm F3.5 Macro IS STM登場

スポンサーリンク

レンズ交換式カメラの交換レンズのジャンルには、より広い範囲を一枚の写真に取り込むための広角レンズ、自然に見えるぐらいの範囲を雰囲気良く撮るための標準レンズ、遠くの物体を引き寄せて大きく撮れる望遠レンズなどがあります。





そしてもう一種類、今のカメラには欠かすことの出来ないタイプのレンズがあります。それがマクロレンズで、小さな被写体に近寄って大きく写し取ることが出来るレンズを指します。





他のジャンルのレンズもまだまだラインアップが薄く十分とは言えない状況ですが、いままではEOS Mシリーズには、このマクロレンズがありませんでした。





その大切なジャンルのレンズが欠けた状況がようやく解消します。




小型軽量で手振れ補正機能付き

EOS Mシリーズ用のマクロレンズ、「EF-M 28mm F3.5 Macro IS STM」は非常に小型軽量な仕上がりなのが特徴の一つです。





ミラーレス一眼というのは、デジタル一眼レフよりも本質的にカメラ本体を小型軽量にまとめることが可能な仕組みになっているのですが、キヤノンはEOS Mシリーズ用のレンズであるEF-Mのレンズにも、そのポリシーを徹底しようとしているようです。ここまでに発売されている交換レンズは、どの種類もとてもコンパクトに仕上がっています。





このマクロレンズものその流れに沿ったもので、電源を切る時にはレンズの長さが縮んでよりコンパクトになる仕組みです。





また、小さなものを拡大して撮影しようとすると、とても手振れの影響を大きく受けるようになります。この状況をサポートするために、マクロ撮影に適応した手振れ補正機能を搭載しているところも特徴です。




レンズ先端にLEDライト搭載

そしてこのレンズ最大の特徴は、レンズの先端に2つのLEDライトを搭載していることです。





思い切って被写体に近づくと、撮影する人の体やカメラ・レンズなどが被写体に落とす影が問題になってきます。





明るさが足りなくなってシャッタースピードが遅くなり、手振れしやすくなったりします。また、光が上手く回らないせいで立体感が出にくくなったり、コントラストが低めになったりもします。





このレンズでは、レンズ先端のLEDライトでそういった状況を改善できます。




マクロレンズとしては広角寄り

一般的なマクロレンズは、35mm換算の焦点距離で90mm〜100mmぐらいのものが使いやすいとされています。被写体を大きく撮る際にも必要以上に近づく必要がなくなるからです。





EF-M 28mm F3.5 Macro IS STMは35mmに換算すると45mm相当で、ほぼ標準レンズぐらいの画角になります。このため、一番ピントが近くに合う状態になると、レンズ先端から被写体までの距離はわずかに1.3cm。





レンズが被写体に影を落としにくい、独特の先端の形になっているところもこのレンズの特徴です。




EOS Mもやっと一通りのレンズが

キヤノンがEOS Mシリーズを一眼レフのEOSへの入り口、と言った扱いをしてきたせいかなかなかレンズが揃いませんでした。これでやっと遅まきながら、超広角から望遠までと、マクロレンズの一式が揃うようになりました。





EF-Mマウントは一眼レフの方のEOSのマウントであるEFマウントとは物理的な形が違うだけなので、簡単なアダプタをつけるだけで一眼レフのEOSのレンズをそのまま利用できるのは出来るのです。





ただ、そうするとせっかくのEOS Mのコンパクトさが死んでしまいます。ですので、このレンズの登場は本当に待望されていたものだったのです。





今後のEOS Mシリーズの売り上げにも影響を与えそうな1本です。

スポンサーリンク
Amazon.co.jpアソシエイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA